November 08, 2008

やりたい放題のちい散歩を見て

テレビ朝日の「ちい散歩」が人気らしい。

私も何度か見たことがあるけど、見るたびに「ちい散歩の本がでることになりました」とか「ちい散歩オリジナルグッズが発売されることになりました」なんて、関連商法がどんどんエスカレートしてるんで、よほど視聴率がいいのかしら?とは思ってました。

見たことのない人のために、軽く説明すると「ちい散歩」は、平日の朝9:55〜10:30、テレピ朝日で放送されている情報番組。
「皆さん、最近歩いてますか! 散歩っていいですよ〜。さぁ、散歩に出かけましょう!」
という地井武男の決め台詞(?)から始まって、地井武男がひたすら街を散歩する。
途中で気になる店をみつけるとふらふらと入っていく…。
それが食べ物屋さんのときには、自ら食べるのはもちろん、カメラマンの口にも強引に押し込んだり…。
さらには、公園で子どもと混じってブランコをこいでみたり…。
唯一、まともだと思われるのは、番組の最後に地井武男がその日の思い出を1枚の「絵手紙」に描き上げて紹介するところだ。

この手の番組、というか似たような番組なら他局で日曜の朝とかにやってた気もするけど、「ちい散歩」だけがなんでこんなに人気なんだろうねえ?

テレビ朝日は、ここのところ、
「アメトーーク!」でネプチューンが「ほり散歩」とか、
「堂本剛の正直しんどい」で堂本剛が「つよ散歩」とか、
「裸の少年」で陳建一が「ちん散歩」とか、
パロディ三昧だったりする。

たしかにのほほんとした雰囲気と、地井武男の絵手紙は魅力的だとは思うけど、本だのオリジナルグッズだのと商売っ気だされまくると、ちょびっと引くよね。



*今日気になったその他の話題*
梨花のアクセサリー ジュピター
マウンテンバイク カスタム入門

sa9ra3ku at 21:31│ Private 
スポンサードリンク
QR Code
QRコード