November 11, 2008

加山雄三のパチンコは借金返済!?

最近、パチンコのCMが、加山雄三とかアグネス・ラムとか…「懐かしのあの人シリーズですか?」って感じになってますね。

私はパチンコやらないので、どうでもいいっちゃどうでもいいんですが、パチンコやる人にとって、有名人とか芸能人のパチンコ台ってのはどうなんでしょうか。
あーゆーキャラクターものって、1台いくらとかってロイヤリティーが発生しますよね〜。
その分、大当たりがでにくくなったりとかしてるんじゃないかと思うんだけど、違うのかしら?
出にくいのわかっててもその台でパチンコするっていったら、よほどのファンだけじゃないかと思うんだけど…。

それはさておき、加山雄三やアグネス・ラムがパチンコ台のキャラクターになったのは、やはりロイヤリティー目当てなのか?
つーか、そんなにお金に困ってるの?
…って、CM見るたびにすごく気になってたわけです。

誰かインタビューしてきてくれ!

そう思った矢先、加山雄三が母校の慶応大学で行われた「慶應義塾 創立150年記念コンサート」に出演、その後、インタビューが行われたという。

残念ながらパチンコの話題はなかったみたいだけど、先日逮捕された小室哲哉について聞かれた加山雄三は…
「ホントにとんでもねぇ」
「冗談じゃない」
「消えてなくなっていい!」
と怒り心頭だったと言う。

実は、加山雄三には監査役を務めていたホテルとスキー場が倒産して23億円もの借金を背負った過去があったんだそうだ。
それを10年かけて完済したという。

小室哲哉の借金は70億くらいだったから、30年頑張れば払えるぞ!ってことですね。

しかし、加山雄三のパチンコキャラ化、借金がらみじゃないとしたら、実は隠れパチンコファンとかなの?
それはそれで、ちょっといやかも…。



*今日気になったその他の話題*
ソウルメイトとツインソウル
ジャーナルスタンダード ラックスの魅力

sa9ra3ku at 23:35│ Private 
スポンサードリンク
QR Code
QRコード