November 17, 2008

日本の大麻汚染の広がりに海外の反応は?

日本の大麻汚染が凄いことになってる…。

慶応義塾大学の学生が捕まったかと思ったら、早稲田大学まで…。
私立大学の両雄が大麻の毒牙にかかったとなると、次は国立大学から逮捕者?
つーかね、国立でもトップの東京大学とか京都大学あたりじゃないと、もう驚かないよ…。

加勢大周が捕まったり、AV女優とその彼氏のプロテニス選手が捕まったり、有名大学の学生たちが続々と捕まったり…。
あまりにもいろんな人が捕まるので、罪の重さみたいなものがあまり感じられなかったりするんだけど、れっきとした犯罪なのだよね。

ちょっと昔までだったら、シンナー中毒になったチンピラみたいな輩が、大麻に手を出し、やがては覚せい剤にまで…みたいな流れがあったから、大麻の時点でけっこうヤバイって印象があったんだけど。

最近の名門大学の学生さんたちの場合は、たぶんシンナーなんてやってないしやろうとも思わないんだけど、大麻に関してはネットに情報が溢れてたりして興味もっちゃったんでしょうねえ。

シンナー→大麻→覚せい剤って、フローチャートを知らないから気軽に大麻に手を出しちゃう。

でもシンナーはやってなくて、大麻から始めたにせよ、行き着く先は覚せい剤になってしまうはずなんだよね。
どこかで読んだんだけど、大麻の売人って当然のごとく覚せい剤も扱ってて、大麻の常連客に「今日は品切れだからよかったらこれで我慢して」と覚せい剤をお試しで渡して、覚せい剤をおぼえさせるらしいからね。

それに捕まった学生たちは大麻を自家栽培して自給自足で他の薬物には手を出さないつもりでいるのかもだけど、大麻をきっかけに薬物中毒になりかねないとも限らない。

ところが、海外では大麻に対する取り締まりが日本ほどきつくない国もある。
例えばイギリスとかでは「日本は大騒ぎしすぎ」みたいな意見もでているらしい。
それを知ってか知らずか、16日付の産経新聞には、
「大麻って、外国では合法でしょう。タバコより身体に悪くないらしいし、日本の法律もおかしい。マスコミも騒ぎすぎ」という男子大学生の意見が載っていたという。

こんな調子じゃ、日本の大麻汚染もまだまだおさまりそうもないな…



*今日気になったその他の話題*
漫画家の顔写真
別府 杉の井ホテル

sa9ra3ku at 23:17│ 時事ニュース 
スポンサードリンク
QR Code
QRコード