June 2008

June 01, 2008

小池栄子の結婚式招待状に困惑してるサトエリ。その理由とは?

サトエリこと、タレントの佐藤江梨子が同じ事務所の小池栄子から届いた結婚式の招待状に困惑しているとブログに書いてるんだそうだ。

そこで、結婚式の招待状が届いて困る理由を勝手に憶測してみた。

その1「あんまり仲良くないので行きたくない」
ま、これならなんかもっともらしい理由をつけて「欠席」すりゃいいだけなんで、これは却下ですな。

その2「会いたくない人、顔を合わせたくない人が出席しそうだから行きたくない」
実は新郎や新郎の友達がモトカレだったとかゆーパターンですね。これは確かに気まずいだろうけど、呼ぶ方もその辺は考慮して招待客を決めるだろうから、これもないでしょうね。

その3「実は、法事など他のイベントと重なってて、行けそうもない」
身内の法事と重なってしまって…なんてパターン、意外とあるんですよねえ。
遠い親戚と親友の結婚式だったら、結婚式を優先させればいいような気もしますが、基本的には法事が優先と聞いたこともありますし、難しいところですね。

…とまあ、勝手に憶測してみたが、サトエリが困ってた理由はもっとシンプルで単純なお悩み…ズバリ「小池栄子の結婚式の招待状への返事の書き方」でした。


確かに、「ご」は全部消して、「させていただきます」をつけて、名前のところは「ご芳」まで消して…などと、小難しいですよね。
受け取る相手にとっては一生に一度のことだから間違って変な返事になってしまっては申し訳ないと思うと、返事のハガキ書くのも超緊張しちゃったりします。

例えば、先ほど例に出した「法事と重なったので欠席する場合」などは「法事と重なるので欠席します」と不幸な理由がはっきりわかるような返事を書いてはいけないそうで、やんわりと断るのがマナーらしい。

それから出席できる場合も欠席する場合も何かしらお祝いの言葉を書くのがいいらしいけど、「ますます」みたいな二重言葉を使うとかえって失礼になるので要注意だ。

ちなみに返事をギリギリまで出さないのも失礼にあたるので、招待状を受け取ったら速やかにお返事するのがマナーとのこと。
サトエリは、小池栄子の結婚式の招待状のお返事、もう出したかな?


sa9ra3ku at 23:43|Permalink 芸能・スポーツ 
スポンサードリンク
QR Code
QRコード