May 18, 2008

食べ残しの使い回し、船場吉兆だけじゃない!とゲンダイが報じる

焼きなおしたアユの塩焼き、揚げなおした天ぷら、盛りつけなおした刺し身…。
先日発覚した高級料亭・船場吉兆の食べ残しの使い回しは、本当にゾッとしたものだ。
ところが、このような使い回しはいろいろな飲食店や旅館などで日常茶飯事だと、ゲンダイが報じている。

記事によると…
旅館では、開封されてない味付け海苔や納豆パック、割られていない温泉卵や生卵は、使い回しの定番らしい。

うーむ。
味付け海苔は許せるけど、納豆や卵は消費期限が気になるところですね。


また、居酒屋などでは、残ったお刺身を煮物に入れてお通しにしたり、つみれに加工するケースがあるという。

なんですと!
ナマモノに火を通してるから、衛生上は問題なさそうだけど、気分的には気持ち悪いし、勘弁して欲しいですね。


さらに、割烹店には「シカツ=資源活用」という隠語があって、エビの天ぷらは衣をはがして揚げなおし天丼にするのは、よくあるシカツなんだとか。

うわあ…。
こんな話、信じたくないけど、隠語まであるってことは事実なんでしょうか…。


他にも、アサリ汁などで具のアサリが残ってたらそこに熱い汁を加える、カレールーのポットに残っているルーを再利用、なんてのもよくあるケースみたい。

なんだか外食するのが怖くなってきたなあ…。

sa9ra3ku at 22:23│ 時事ニュース 
スポンサードリンク
QR Code
QRコード