October 01, 2008

相撲協会の人にYOSHIKIはどう見えていたのか

すっかりブログをさぼってましたが、今日からまた復活させてみようかなと思ったり思わなかったり。
前回は三ヶ月くらいで、フッと糸が切れるように辞めちゃったのよね。
世界のナベアツは三でブレイクしてるし、三日坊主とか三年目の浮気とか、三って数字には何かしらの魔力があるんですかね?
ともあれ、三ヶ月尼さんにならないよう頑張りマッスル。

というわけで、今日気になった芸能ニュース。
「X JAPANのリーダー・YOSHIKIが相撲協会に抗議」です。

YOSHIKIが友人の横綱・白鵬の優勝祝賀会かなんかに呼ばれて、その後記念撮影に移動する際に、相撲関係者から慇懃無礼な態度を取られたことに対して、正式に抗議したってニュースです。

相撲協会側の関係者の言い分は「撮影時間が迫っていたから少しせかした。そしたら畳の上を土足で歩いたから注意した」ってことみたい。
それに対して、YOSHIKI側は「ごった返してる中で客に対して『走れ』『早く来い』などというのは失礼。ちなみに畳の上を土足で歩いてなんていない」と反論。

YOSHIKIって金髪でサングラスかけて…ニューヨーク在住でしたっけ?
でもご本人曰く、呉服屋の長男だとかで、ああ見えて古風な日本男児っぽい性格らしいですよね。

だから、本人がいう通り、畳の上を土足で歩くようなことはしてないでしょう…と私は思います。
けど、相撲関係者の人はYOSHIKIを見た目だけで判断しちゃったんでしょうな〜。
そもそも、X JAPANの存在すら知らなかったかもだし、そしたらただの「軟弱な外人かぶれの野郎」にしか見えませんしね。

その後、白鵬は個人的にYOSHIKIに謝罪に行ったそうですが、相撲協会はどういう対応するか楽しみですね。


sa9ra3ku at 01:01│ 芸能・スポーツ | 時事ニュース
スポンサードリンク
QR Code
QRコード