October 05, 2008

たけしキャスターに採用、モナは正式降板

7月スタートのフジテレビの情報番組「サキヨミ」のキャスターに採用されたものの、不倫騒動でその後の出演を自粛していた山本モナが、番組を正式に降板したそうだ。

…って、じゃあ今までは自粛してただけで降板ではない、つまり、もしかしてもしかすると謝罪して復帰って可能性もあったってことなの?
つーか、正式降板をここまで引っ張ったのには何か理由があるんだろうか?

一般人的に考えると、履歴書の職務経歴欄の見栄えが多少はましになる程度?
現実は採用と降板が同日なんだけど、書類上は3ヶ月は職に就いてた風に見えるって感じですかね。
でも、モナは履歴書もって就職活動するような一般人じゃないし、不倫バレて即降板ってのは周知の事実になってしまってるから、3ヶ月席を置いてるように見せかける意味もないと思うのだけどねえ。

それよりこの手のトラブルによる降板の場合は、相当の違約金が発生するんだと言う。山本モナ本人が全額払うのか所属事務所が半分くらい払ってやるのかは知らないけど、とりあえず所属事務所が先払いするのかな?やっぱり…。

…という事情が背景にあるのかないのかはわからないが、ビートたけしがTBSの情報番組でキャスターを担当することになった。
たけしがキャスターを務めるのは、17年半も続いていた「ブロードキャスター」の後番組で「情報7days ニュースキャスター」。

ブロードキャスターの打ち切りに関しては、司会の福留功男のギャラが高すぎて…という噂を耳にしていたんだけど、たけしのギャラだって安くはなかろう。
つまり、事務所が山本モナがらみの借金で大変なので、同じ事務所のたけしが買いたたかれたんじゃないかというのだ。
さらには様子を見はからって、山本モナをビートたけしの番組で復帰させる計画もあるのでは?とか。

で、実際に番組を見た感想ですが…。
TBSアナウンサー安住紳一郎の大学時代の先生がコメンテーターとして出演してたんだけど、その先生のプロフィールに興味津々です。
安住と同い年くらいにしか見えなかったし、コメントもそつがない感じで万人受けしそうな感じ。
モナちゃんに会わせたらまた不倫しちゃうんじゃないかと、捕らぬ狸の皮算用的心配をしてしまうワタクシなのでありました。

sa9ra3ku at 10:55│ 芸能・スポーツ 
スポンサードリンク
QR Code
QRコード