時事ニュース

October 12, 2008

ロス疑惑・三浦元社長の最期

80年代のワイドショーや週刊誌で時の人と言えば、いわゆるロス疑惑の三浦知義元社長だった。
ロス疑惑とは、三浦元社長と当時の妻・一美さんを巡る一連の事件。
まずは81年8月アメリカ・ロサンゼルスで一美さんが何者かに殴打された「一美さん殴打事件」。
さらにその3ヶ月後、夫妻がロサンゼルスで共に銃撃を受けるのだが、その際、三浦元社長は足に銃弾を受けただけなのに対し、一美さんは頭に銃撃され亡くなってしまった「ロス銃撃事件」。

間を置かずに連続しておきてしまった殴打事件と銃撃事件。しかも一美さんには多額の保険金が…。
これだけでもすでにうさん臭さ抜群なのだが、三浦元社長が事件について語る様子が役者顔負けの芝居がかった雰囲気だったんで、ワイドショーが放っておくわけない。
さらに亡くなった一美さんはモデル並みの美貌の持ち主、殴打事件の実行犯として名前があがったのは元女優、その後三浦元社長と結婚した良枝さんという女性もきれいな方…と、ブラウン管受け(当時はプラズマ液晶なんてないしね)が良かったのもTV的だったのかもしれない。

その後、殴打事件に関しては、元女優とともに逮捕され実刑に。
銃撃事件に関しては、一審で無期懲役、二審で逆転無罪、最高裁で無罪が確定した。
ぶっちゃけ銃撃事件に関しては「疑わしきは罰せず」で助かったんじゃないかと思ってる。

それが今年2月サイパンに旅行中、銃撃事件に関して日本には存在しない共謀罪の容疑で逮捕されちゃったのだ。
共謀罪というのは、簡単に言うと「あいつを殺っちまおうぜ」と相談しただけで殺人罪にも匹敵する罪に問えるというものらしく、つまりは「疑わしきを罰する」法律ぽい。

というわけで、忘れた頃に共謀罪で逮捕されてしまった三浦知義元社長。
「一事不再理」という理論などでアメリカの司法当局と闘う姿勢を見せていたけど、ロスに移送された後、自殺してしまった。

その三浦元社長が、サイパンからロサンゼルスに移送される際にかぶっていた帽子のロゴが「あばよ、またな」を示すスラング(PEACE POT MICRODOT)だったというので、さらなる話題を呼んでいる。

三浦知義元社長は英語をほとんど話せなかったというので帽子のロゴにメッセージを込めたというのはにわかには信じられない。
でも、彼ならそのくらいのサービスはするかな?
…そんな思いすらわき上がってしまう、役者顔負けの半生を生きた人の最期なのであった。


sa9ra3ku at 22:25|Permalink

October 11, 2008

大相撲八百長疑惑を巡り暗殺の噂?

大麻問題で相撲協会を解雇された元力士の若ノ鵬に暗殺説が…と週刊朝日が報じているんだそうだ。

若ノ鵬といえば、大麻問題で相撲協会を解雇された後、解雇処分は重すぎるとして自身の解雇無効を訴える裁判をおこしている。
その一方で、週刊現代で大相撲の八百長疑惑についてぺらぺら喋り、さらには八百長疑惑裁判に被告の週刊現代(講談社)側の証人として出廷予定でもある。

若ノ鵬の解雇無効裁判を請け負ってる弁護士さんは、八百長疑惑について現段階でコメントすることに反対してるようだけど、若ノ鵬は何故反対されているのかが理解できてない模様だ。
逆に八百長疑惑について喋ることが、解雇無効の裁判に役に立つと思い込んでて「僕が頑張って(自分の)裁判を有利にしました」と弁護士に語ったと言うから、相当の世間知らずと言うか何と言うか…。

そんな調子だから、若ノ鵬は八百長疑惑にせよ大麻問題にせよ、リップサービスも兼ねてあることないこと喋りまくるに違いない。
でも、それっぽっちのことで暗殺までされちゃうかいな?
もちろん暗殺と言っても、自殺や事故にみせかけて殺しちゃうということなんだろうけど、その工作が見破られ殺人事件として捜査されないとも限らない。
そんなリスクを冒してまで、若ノ鵬クラスの人物を暗殺するのかしら?

暗殺説の根拠としては、相撲界とヤクザなど裏社会との関連をあげる関係者がいるという。
地方巡業の仕切りや興行収入、勝敗を賭けた賭博など、公になっては困る話が山ほどあるというのだ。
なんだかもう映画の中の世界みたいなお話だ。

だけどさ、もし仮に超ヤバい事実があったとして、若ノ鵬は黒幕までは把握してない単なる捨て駒でしょ?
映画の登場人物で例えるなら、通行人Aとかそのレベルってことですな。
通行人Aがいくら吠えても誰も気にしないし、わざわざ暗殺することもないと思う。

…って、「ネタにマジレスかっこ悪い」???
でも、ネタも大概にしとけよ…と思ったりする今日この頃なのである。

sa9ra3ku at 20:25|Permalink

October 09, 2008

こんにゃくゼリーは悪くない

何気なくつけてたTVから流れてきたCMで、マンナンライフの蒟蒻畑が当面製造中止になると言う。
私はこんにゃくゼリーを数回しか食べたことがないし、そのときの感想も「まずくもないけどすごいおいしいってほどでもないね」って感じだった。
というわけで、蒟蒻畑を始めとするこんにゃくゼリーが世の中からなくなっても困らない。
だから「材料や燃料費の高騰とかの問題がこんなとこまで…?」などと能天気に想像してた。

ところがである。
よくよく話をきくと、祖母が幼児に凍らせたこんにゃくゼリーを与え、喉につまらせ死なせてしまった事故があり、それを受けての対応なんだという。
亡くなってしまったお子さんは気の毒だとは思うけど、このケースはおばあさんの不注意が原因でしょう?

野田聖子消費者行政担当相は「こんにゃくゼリーを喉に詰まらせての死亡事故がこれまでに17件もある、こんにゃくゼリーを規制すべき」と言ってるそうだけど、問題の本質がずれてる気がします。
どんな食べ物だって喉に詰まらせて死ぬことはあるわけで、現に、正月など何人もの老人が餅を喉に詰まらせて死亡してるではないか。

こんにゃくゼリーに関しては「お子様やお年寄りは食べないでください」との注意書きもある。
それを無視して、子どもに与えてしまった。
しかも「凍らせて」というのも食べ方としては想定外なんでないの?
それで喉に詰まって死んでしまったからといって、「世の中にこんにゃくゼリーが存在するのがいけない!」って理論になるのはおかしいでしょ。

こんにゃくゼリーは悪くない!と私は思う。
マンナンライフは蒟蒻畑が主力商品みたいだけど、会社の存続とか大丈夫かしら?
蒟蒻畑が製造再開された暁には、きっと買ってあげるから、それまで負けずに頑張れ!

sa9ra3ku at 19:10|Permalink

October 08, 2008

「ノーベル物理学賞を日本人3人が独占」はウソ!?

うちは新聞はとってないけど、TVニュースの朝刊記事紹介によると、2008年10月8日付けの朝刊一面は、各紙「ノーベル賞を日本人3人が独占」の文字がデカデカと踊っている。

しかーし!
ニューヨークタイムスやロイター、ルモンドなど世界の有力紙を見ると「アメリカ人1人と日本人2人がノーベル物理学賞を受賞」となってるらしい。

およよ?
確か3人とも漢字でどうみても日本人ぽい名前のおっさんだったと思うけどな?と、確認のため検索をかけてみる。
ノーベル物理学賞を受賞したのは、南部陽一郎、小林誠、益川敏英の3氏で間違いない。

やっぱり日本人3人じゃん!
でも日本以外の世界で誤報っていうのも変だ。
これはいったいどういうことなのか?

そこで検索記事を読み進めてみると、ノーベル物理学賞を受賞したのはこの3人の先生方で間違いないのだが、そのうちの1人は米国籍だということがわかった。
それはシカゴ大学名誉教授の南部陽一郎先生。
南部氏は東京で生まれた日本人であったが、研究にうちこむためアメリカ合衆国に帰化し、現在はアメリカ国籍の米国人であるというのだ。

なるほど…。
スポーツ選手だと結構いますよね。
大相撲の高見山大五郎とか、サッカーのラモス瑠偉、女子ソフトボールの宇津木麗華などなど。
この人たちは日本人になった人たちだけど、南部先生は逆にアメリカ人になったわけですな。

そういう人って、どういう気分なんだろうか。
ハーフの人なんかと似たような感覚なのかな?
今回のノーベル賞受賞みたいによいニュースだと、両方の国から喜んでもらえて2倍うれしそう♪
逆に万一、両国間で戦争がおこったりしたら、2倍悲しく辛い思いをしそうです。
彼らのためにも、いつまでも平和な日本であってほしいものです。

sa9ra3ku at 19:10|Permalink

October 03, 2008

小泉今日子は財布を持ち歩かないのか!?

「なんてったってアイドル♪」などと歌っていた小泉今日子も42歳。
一般的にはおばさんの年齢だけど、とても40代には見えませんね。
少し前に破局した元カレは、KAT−TUNの亀梨和也…ってうらやましすぎます。

でも、自分がもし42歳で親子ほど歳の離れた彼氏と普通につきあえるかなと想像したら、何となくホストクラブで豪遊するマダムみたいに貢ぎまくる自分が思い浮かんでちょっとイヤです。
男も女もダメダメだろ…って感じのカップルですね。

ところが、小泉今日子はダメ男とつきあったことがないらしい。先日放送されたTVのトーク番組で
「なんかみんな、すごいちゃんと仕事とか持っていて、ご飯とか食べに行ってもお金払ったことないですよ」
とのたまい、他のゲストたちを驚かせたというのです。

まあ、仕事ちゃんとしてる男の人にお食事を誘われたときは、ほぼ先方がお支払いしてくださるのはわかります。
私もそういう方には遠慮なくごちそうになってしまいますしね。

でも、たまには割り勘とかない?
20代の学生の男の子とご飯食べにいったときとか。
「バイト代入ったからおごりますよ」って言われても、私だったら割り勘にしてあげるけどなー。

KAT−TUNの亀梨和也なんかは20代と言っても、同年代の男の子に比べたら何十倍もの収入があるだろうから、気にせずおごってもらえばいいのかもだけど…。
でもやっぱり親子ほど年の離れた彼におごらせるって気が引けないのかしら?

んー、そうやって、年齢差を考えてしまうあたりが、おばさんの始まりなのかもしれませんね。

sa9ra3ku at 23:32|Permalink

October 02, 2008

バナナでダイエットできるわけないでしょ

私はどちらかと言うとバナナ大好きっ子である。
安くて美味しくて栄養価や満腹感もそれなりに得られるから、寝坊した朝とかとっても助かる。
そんなバナナがうちの近所のスーパーではちょい値上がり傾向で、しかも夕方行くともう売り切れてる…。

なんだなんだ?近所にサルでも引っ越してきたか!?(ベタですみません)

…と不思議だったんだけど、どうやら歌手の森公美子が「バナナダイエット」で痩せたとかで巷ではバナナダイエット本の出版ラッシュになってるんだそうだ。

そんなバナナダイエットとは「朝食の代わりにバナナを食べ、水を飲む」…らしいんだけど、今までしっかり朝ご飯を食べてた人にとっては食べる量が減るから一時的には確かに減量できる…のかなぁ?
でも、単品ダイエットって120%リバウンドきますよね〜?

それに、そもそも朝は食べない人とか、朝と昼が一緒になっちゃってる人とかはどうすればいいんですかね?
朝食抜きだった人が毎朝頑張ってバナナ食べたらかえって太りそうな気がします。
朝昼一緒のブランチ形式で食べてる人がそれをバナナにしちゃったら、一房まるごとくらい食べないとお腹いっぱいにならなさそうだし、やっぱり太りそうな気が。

つーか、バナナダイエットなんてのが流行る前から、寝坊しちゃったから朝ご飯バナナだけとかたまにありましたが、痩せそうな兆しなんてまったくありませんでしたよ。
水を飲まなかったのが体重増減なしのポイント!なんてこともないでしょうしねえ。

今回のブーム、バナナ業界の陰謀なのか出版業界の陰謀なのかは知りませんが、バナナ売り切れなの困るんで、早く終決してください(笑)

sa9ra3ku at 02:22|Permalink

October 01, 2008

相撲協会の人にYOSHIKIはどう見えていたのか

すっかりブログをさぼってましたが、今日からまた復活させてみようかなと思ったり思わなかったり。
前回は三ヶ月くらいで、フッと糸が切れるように辞めちゃったのよね。
世界のナベアツは三でブレイクしてるし、三日坊主とか三年目の浮気とか、三って数字には何かしらの魔力があるんですかね?
ともあれ、三ヶ月尼さんにならないよう頑張りマッスル。

というわけで、今日気になった芸能ニュース。
「X JAPANのリーダー・YOSHIKIが相撲協会に抗議」です。

YOSHIKIが友人の横綱・白鵬の優勝祝賀会かなんかに呼ばれて、その後記念撮影に移動する際に、相撲関係者から慇懃無礼な態度を取られたことに対して、正式に抗議したってニュースです。

相撲協会側の関係者の言い分は「撮影時間が迫っていたから少しせかした。そしたら畳の上を土足で歩いたから注意した」ってことみたい。
それに対して、YOSHIKI側は「ごった返してる中で客に対して『走れ』『早く来い』などというのは失礼。ちなみに畳の上を土足で歩いてなんていない」と反論。

YOSHIKIって金髪でサングラスかけて…ニューヨーク在住でしたっけ?
でもご本人曰く、呉服屋の長男だとかで、ああ見えて古風な日本男児っぽい性格らしいですよね。

だから、本人がいう通り、畳の上を土足で歩くようなことはしてないでしょう…と私は思います。
けど、相撲関係者の人はYOSHIKIを見た目だけで判断しちゃったんでしょうな〜。
そもそも、X JAPANの存在すら知らなかったかもだし、そしたらただの「軟弱な外人かぶれの野郎」にしか見えませんしね。

その後、白鵬は個人的にYOSHIKIに謝罪に行ったそうですが、相撲協会はどういう対応するか楽しみですね。


sa9ra3ku at 01:01|Permalink

June 05, 2008

DoCoMoのiPhoneはいつになったら出るの?

ソフトバンクから出るかDoCoMoから出るかと話題になっていたiPhoneについて、Apple社はソフトバンクと契約したと発表されました。
DoCoMoユーザーかつAppleユーザーの私としては、是非ともDoCoMoからiPhoneを出して欲しかっただけに残念でなりません。

でもソフトバンクから出るんだろうなぁ?って予兆は、素人目にも確かにありましたから、仕方ないですね。
携帯電話の番号ポータビリティが解禁され、auとソフトバンクがDoCoMoの客を奪い合ってた頃、近所のヨドバシカメラなどの量販店で「ソフトバンクの携帯電話を新規契約でiPodプレゼント」とかの販促キャンペーンをよくやってたし…。
当時はiPodが大人気で売り切れ必須の品薄状態でしたから、キャンペーン用のiPodを確保するのには、企業間でそれなりの契約があるんだろうなと思ってました。

ともあれ、ソフトバンクとApple社が契約したと言っても、実際にiPhoneが日本でどれだけ売れるかというと未知数と言われています。

まず値段の問題。最近流行のブランド携帯同様、iPhoneのお値段にはAppleに支払われる分も上乗せされるでしょうから、相当お高くなりそうです。しかも値引きは期待できそうもありません。

次に機能の問題。iPodと携帯が一体化って良さげだけど、iPodはコンパクトだから両方持ち歩くのがそんなに不便ってことでもない。かえって、ワンセグとかお財布ケータイとかの機能が使えなくなることの方が不便と感じる人の方が多いような気もします。

でも、熱烈なApple信者は、ソフトバンクに乗り換えてでもiPhoneを買うかもしれませんね。
私はApple信者だけど、DoCoMoで出るまで待つつもりですけどね…。
DoCoMoで出たらどんなに高くてもiPhone買うから、DoCoMoとも契約してちょ、Appleさん!

sa9ra3ku at 22:32|Permalink

June 03, 2008

物議をかもした奈良のマスコットキャラクター「せんとくん」の対抗馬に「まんとくん」登場

思えば「かわいくない」「なんか変」といった意見は、まだましな方だった…。
「怖いと言って子どもが泣き出した」「キモイの一言!」「仏様に角を生やすなんて失礼だ」「とにかく気持ち悪い」などと、言われ放題だったキャラクターを覚えていますか?

答えは、2010年に奈良で開催される平城遷都1300年祭の公式キャラクター「せんとくん」。
「…覚えていますか?」などと過去形ではじめてしまったけど、実は「せんとくん」、これから先、平城遷都1300年祭のポスターやらパンフレットやらで活躍していく気満々だったはずなんである。

しかしながら、そんな「せんとくん」に、「待った!」コールが!
「せんとくん」の白紙撤回を求める地元の市民団体が公募で選んだマスコットキャラクター「まんとくん」が発表されたのだ。


とりあえず「まんとくん」画像を見に行く前に、どんなキャラクターなのか妄想して楽しむことにする。

まずは、ネーミングから受ける印象だ。
「まんとくん」って、マントでも背負ってるのだろうか?しかし、何故にマント? 奈良とマントの関係性は? つーか、もしかして「鶴は千年、亀は万年」のノリで「せん」に対抗して「まん」?

お次は、見た目だ。
「せんとくん」がかわいくないと不評だったんだから、子ども受けするようなかわいいキャラなのは間違いない。中途半端にリアルぽかった「せんとくん」の失敗をふまえて、2頭身で性別不明のキャラクターなんじゃないかな?

…とまあ、ひとしきり妄想したところで、「まんとくん」画像を見てきた。
普通にかわいいことはかわいい。
でも、イマイチ意味不明…。
2頭身どころか大豆に手足がついたようなキャラクターが、お城に鹿の角が生えてるような帽子を被り、マントというよりはマフラーを巻いてる感じ。
お城に鹿の角が生えてる帽子は、理解できる。そこが肝なんでしょうしね。だけど…
何故に大豆?
何故にマフラーぽいマント?

とっても不思議なので、デザイン公募サイトで作成者のコメントをみてくることにした。
 モチーフは奈良の象徴である鹿。
えええ、大豆ちゃんではなくて、鹿だったのか!? そう言われてみれば、ちゃんと蹄があるわな。でも、鹿ってもっと茶色ぽいんでない? どう見ても大豆にしか見えませんでしたよ…。

マフラー、もといマントについては
 白いマントは“1300年という節目、新たな気持ちで次代へ”の具現。
ん〜、やっぱり私には仮面ライダーのマフラーみたいにしか見えないんですが…。つーか、次代につなぐと言ったら、マントよりバトンとかじゃない? いや、持たせなくていいけどさ。

なんとなく解せない部分も残ってるけど、「せんとくん」よりは「まんとくん」の方が、私は好きだな。
あくまでも公式キャラクターは「せんとくん」のはずだから、「まんとくん」の出番はあまりないかもだけど…
頑張れ!「まんとくん」

sa9ra3ku at 23:33|Permalink

May 24, 2008

「ごくせん」は不良を助長する作品…と精神科医が主張、ネットで議論に

仲間由紀恵(28)扮する熱血高校教師と不良生徒との交流を描く、人気ドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)について、精神科医の和田秀樹さんが雑誌コラムで異論を述べ、ネットで議論になっているとのこと。

和田さんは、日経ビジネスアソシエ6月3日号のコラムで「秀才学校の生徒の方が不良より性格がねじ曲がっているように描かれている点」を看過できないと主張している。

どうやら、和田さんは5月3日放送の第3回を観たらしい。
この回では「進学校の生徒たちが世直しと称して、勉強のできない不良たちに対し集団暴行」を繰り返してたらしいのだけど、そんなのありえないというわけだ。

和田さん曰く「『秀才=悪』『不良=心はきれい』という図式は、ある種の青春ドラマのステレオタイプのようになっている」


ふむふむ…。
この精神科医さんの言いたいこともわからんではないけど、所詮はドラマなんだし、観てる側もそのくらい百も承知なんじゃないかなあ。

不良生徒がどうのとかいうなら、そもそも仲間由紀恵が演じる山口久美子(通称ヤンクミ)の生家が美化されて描かれてることの方がよほど問題でしょう。
なんたって祖父は任侠集団・大江戸一家の3代目、久美子は跡取りのお嬢ですからね。

でもまあ、所詮ドラマだし…とそれも目をつぶるとして…
わたしが「ごくせん」を観てて「解せないな〜」と思ったのは、第6回にして、不良生徒たちがヤンクミを信頼しきっててベッタリになってたこと。
初回は観たけど、第2〜5回は観てないので、その間に何があったのか知らないけど、手につけられないほどのワルどもが、そんなに簡単に教師ベッタリになるかよ!と。
おまけに、生徒たちの仲のよさや結束力の高さとか、気持ち悪いくらいなんですが…。

ま、それも含めて所詮ドラマ。つーことなんですかね。


sa9ra3ku at 23:56|Permalink
スポンサードリンク
QR Code
QRコード